自転車コンテンツ

自転車通勤・通学時の雨対策はどうする?

自転車 雨

自転車通勤・通学時の雨対策はどうする?必要な装備と気をつけること

交通費がかからないし、健康づくりにも良い自転車。
自転車を使っての通勤・通学はメリットが多いですよね。

そんな自転車通勤・通学ですが、大きな問題点として「雨天時」の対策があります。
雨の日は、濡れてしまうことの他にも、道路が濡れることで危険な場所も出てきます。
自分の身を守るためにも、しっかり対策しておく必要があります。

ということで、今回は『自転車通勤・通学時の雨対策』についてお送りします。

雨の日に絶対やってはいけない傘さし運転

まず大前提として、傘さし運転は絶対にやってはいけません。
傘さし運転は道路交通法で違反とされており、5万円以下の罰金が課せられます。
罰金が怖いだけではなく、何よりも自分の安全性が損なわれてしまいます。
事故を起こす前に傘さし運転は絶対にやめましょう。

雨の日に必要な装備

レインウェア

レインウェアを着用しましょう。
おすすめなのは、上下が分かれているセパレートタイプのもの。
ポンチョタイプだとすそが広がりすぎてしまい、電柱などに引っかかりやすく、足が濡れてしまいやすいので、おすすめしません。

透湿性の高い高機能のレインウェアだと湿気がたまりにくく快適で、脱ぎ着しやすいのでおすすめです。

泥除け

シティサイクル(いわゆるママチャリ)だと、ほとんどの場合泥除けがついているので大丈夫だと思います。
しかし、クロスバイクやロードバイクは軽量化のために購入時はついていないものがほとんどです。

きれいに見える道路でも、自転車で泥除け無しで走っていると背中がとても汚れてしまいます。
着いてからの後始末のことも考えると、泥除けは必ずつけておきましょう。

道路で注意すべき場所:グレーチング・マンホール

雨の日は「グレーチング」や「マンホール」の上を走るときは特に注意してください。
普段はタイヤのグリップが効くので気にもしないと思いますが、雨が降るとタイヤが濡れるので、とても滑りやすくなってしまいます。
グレーチング・マンホールの上でハンドルを切ってしまうと、グリップが効かなくなって滑って転倒する恐れがあります。
雨の日は普段以上に運転に気をつけましょう。

雨対策を怠らずに安全に自転車通勤・通学をしよう

ここまで雨対策についてご紹介してきました。
・傘さし運転はしない
・レインウェア(できれば上下セパレートタイプ)を着用する
・泥除けを付ける
・グレーチング、マンホールに気をつける
これらを意識して、雨の日も安全に自転車通勤・通学しましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP