自転車コンテンツ

自転車通勤・通学中に事故に遭ってしまったら?

自転車 事故

自転車通勤・通学中に事故に遭ってしまったら?

自転車通勤・通学中に交通事故に遭ってしまった場合、あなたならどうしますか?

自分が気をつけているとしても、事故をおこされてしまう可能性は十分にあります。
もしもその場面に遭遇したら、急な出来事でパニックになってしまうことも多いのではないでしょうか。

パニックにならないためにも、このページで『自転車通勤・通学中に事故に遭ってしまった』場合の対処方法についてお送りします。
もしものときに備えて参考にしてください。

負傷者の有無を確認するのが最優先

何よりも先に負傷者の有無を確認しましょう。
相手の確認はもちろんですが、自分の確認も忘れずに行いましょう。

これは交通事故を起こした側でも起こされた側でも変わりません。
事故直後は興奮していて痛みなどを感じにくくなっています。
まずは落ち着いて、お互いにケガがないかを確認しましょう。

警察へ連絡・届出する

次に警察に連絡します。
基本的には加害者側が連絡するのが基本ですが、ケガの状態にもよりますので臨機応変に対応しましょう。

事故に遭った場合、警察に届出をするのは「義務」です。
特に、出勤または退勤途中での事故であれば「労災保険」が適用されます。
その際の保険請求の際に必要となる「交通事故証明書」を警察で発行してもらう必要があります。
もしも届出をしていないと、交通事故証明書が発行されずに手続きが滞ってしまう可能性がありますよ。
事故に遭ってしまったら、必ず警察に連絡しましょう。

警察が到着するまで現場はそのまま

基本的には、警察が来るまで事故現場はそのままにしておく必要があります。

しかし、
・事故に遭った場所が悪く、二次被害の危険性があるような場合
・負傷者がいて救出が必要な場合
などの場合は、移動・救出が優先です。

事故相手との情報交換

事故相手がいる場合は、お互いに連絡先などの情報を確認しましょう。
具体的には、
・氏名
・住所
・電話番号
最低限この3つを把握するようにしましょう。
相手が加害者で、悪意がある場合は逃げられる可能性もあります。

警察が到着すれば連絡先の交換を促されますので、忘れることはないとは思いますが、逃げられないように情報交換は確実に行いましょう。

職場(または学校)に連絡する

職場(または学校)に連絡を入れておきましょう。
事後報告よりも、先に連絡を入れておいたほうが今後の手続きがスムーズに行きますし、何よりも「サボり」と思われないようにしましょう。
連絡しづらいとは思いますが、連絡しないほうが迷惑になりますので、速やかに連絡しましょう。

自転車通勤・通学時に交通事故に遭った場合は落ち着いて行動しよう

事故に遭わないようにするのが一番です。
しかし、自分が気をつけていてもどうしようもない場合があります。

事故に遭ってしまった場合は、落ち着いて
・負傷者の確認
・警察への連絡
・現場の保存
・事故相手の情報確認
・職場(または学校)に連絡
を行いましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP