自転車コンテンツ

コミュニティサイクルの借り方・返し方

コミュニティサイクル

コミュニティサイクルの借り方・返し方|主な使用方法についてご紹介

都心を中心に広がりを見せているコミュニティサイクル。
ですが、いまいち借り方や返し方がわからなくてなかなか踏み切れない、なんて方も多いのでは?
このページでは、コミュニティサイクルの借り方・返し方をご紹介していきます。
これからコミュニティサイクルを使用しようと考えている方は参考にしてくださいね。

コミュニティサイクルの使用方法

では、具体的にどのようにして借りられるのかをご紹介していきます。

コミュニティサイクルサイトへの会員登録が必要

早速自転車を借りにサイクルポートへ!
と、言いたいところですが、利用する前にサイトで事前登録が必要です。
自治体が企業と共同で行っているコミュニティサイクルを例にあげましょう。
NTTドコモの子会社である『ドコモ・バイクシェア』が提供しているコミュニティサイクルのサイト『bike share service (http://docomo-cycle.jp/)』があります。
トップ画面に『会員登録/ログイン』ボタンが表示されていますので、クリックして先に進み、登録したい地域を選択して利用登録を済ませましょう。
利用登録自体は無料ですので、まずは登録しておくのがおすすめです。
使用頻度が多くなりそうな方にはお得な月額会員プランもありますので、詳しくはサイトをご確認ください。
携帯の電話番号と、クレジットカードか交通系ICカードが必要ですのでご準備の上登録を進めてくださいね。
会員登録が済んだら、あとはサイクルポートへ行って実際に借りるだけです。

サイクルポートで借りる

サイクルポートでは、次の手順を踏んで自転車を借りることができます。
1.登録した会員サイトへログインしてパスコードを発行する。
2.自転車についている操作パネルを操作してICカードの登録を行う。
3.ICカードをかざすと自転者が解錠されるので利用開始
という流れになっています。
たったこれだけのステップですので、簡単に利用開始することができますよ。

サイクルポートへ返却する

借りるよりも簡単なのが返却方法。
1.サイクルポートで自転車を駐輪ラックに差し、施錠する。
2.パネルのボタンを押して返却完了。
たったこれだけの手順で返却することができます。

一時駐輪するときは

「一度自転車を停めて、ショッピングしてきたい。」
など、そんな場合は一時駐輪することができます。
方法は簡単。
停めたい場所で、手動で施錠するだけ。
これだけで一時駐輪は完了です。
使用再開する時はパネルのスタートボタンを押し、ICカードをかざすと解錠されますよ。
なお、一時駐輪中でも時間はカウントされていきますので、時間で使用料が加算されるプランを選択した方は注意してくださいね。

まとめ|簡単操作で気軽にコミュニティサイクルを利用しよう

ここまでコミュニティサイクルの使用方法についてご紹介してきましたが、思ったより簡単だと思いませんか?
せっかく使用できる環境にあるのなら、是非一度使ってみることをおすすめします。
一度使うと、その便利さから何度もリピートしてしまうかもしれませんよ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP