自転車交通ルール

自転車の逆走(右側通行)の危険性

自転車

自転車の逆走(右側通行)の危険性

自転車は自動車と同じで左側通行をしなければならないのは知っていますよね。
それでも逆走行(右側通行)をする人はあとを絶ちません。
というのも、自転車の逆走行の危険性を認識していないのではないでしょうか。

では、なぜ逆走行が危険なのか、具体的に紹介していきます。

歩行者に対しての危険性

歩行者は右側通行ですよね。
自転車も右側通行をしてしまうとどうなるでしょうか?

歩行者も自転車も同じ方向に向かって進むことになります。
すると、前方を歩いている人の後ろから自転車が来てしまうことが想定されます。
そんな状況に出くわした人も多いとは思いますが、自転車が接近してくる音はほとんど聞こえません。

すると、ふいに立ち止まったりしたときに自転車が止まれずに追突してしまう危険性があります。

自転車にはベルがあるじゃないか、と言われるかもしれません。
しかし自転車のベルは歩行者に道を譲ってもらう意味で鳴らしてはいけないんです。
これは道路交通法で定められています。

自転車と人の事故とはいえ、衝撃は非常に強いですから、死亡事故に至る場合もあります。

自転車・自動車に対しての危険性

正面衝突事故の可能性

自動車・自転車は左側通行ですから、逆方向を向いて走ることになります。

その時に考えられるのは、正面衝突事故の可能性です。

十字路交差点で左折しようとしたとき、左折する先から右側走行の自転車が右折しようとしてきたら、どうなりますか?
避けられなければ正面衝突してしまいます。

たとえ自転車同士の事故でも相当な衝撃ですから、当たりどころが悪ければ死亡事故になってしまいます。

自動車とすれ違う時の危険

自動車とすれ違う際、右側走行していてよろけて倒れてしまった場合、正面から来る車に轢かれてしまう可能性があります。

同じ方向に向かって走っていれば、後方の車なら気づいて止まったり避けたりすることも出来ます。
しかし逆走行の場合は正面からスピードに乗った状態で近づいて来ることになります。
すると、止まったり避けたりするまでの時間・距離が短くなってしまい、事故になる可能性が非常に高くなってしまうのです。

車に轢かれてしまったら、無傷では済みませんよ。

自転車も交通ルールを守って安全に乗ろう

ここまで自転車の逆走行の危険性について紹介してきました。
道路交通法でも、自転車の逆走行(右側通行)は危険運転に該当し、5万円以下の罰金という罰則があります。

自分の身を守ることはもちろんですが、相手を守るという意味でも交通ルールを守りましょう。

PAGE TOP